ティガーとレオとママの日常

*2にゃん日記&日常の出来事*

ちょっと良い話(*´ω`*)

皆さま♡こんにちは〜(^^)





今日は皆さまにご紹介したい


「ちょっと良い話」があります(*´ω`*)


相方さんが最近知り合いになったOさんから


伺ったお話です。


隣の市に古い漁港があり、たくさんの


外猫さんが居たそうです。


港近くの猫好きな高齢の方々が外猫さんに


ご飯をあげてらしたそうです。


高齢の方々は猫さんにご飯をあげることが


生きがいに…(´ー`)


避妊無しの外猫さん達は段々増えていき、


50匹程になり近隣の住民の方たちからの


苦情が出てきたそうです。


その話を聞いたOさんは市役所とご飯やりの


高齢の方々の間に立ち市役所との交渉に


挑んだそうです。


交渉内容が理解されこれ以上の猫さんの数を


増やさないことを取り決め、ご飯やりの


おじいちゃんおばあちゃんの捕獲の


協力と動物病院の協力によって


無事全猫さんたちの避妊手術を済ませる


ことができたそうです(*´∇`*)


小さな漁港のサクラカット🌸の猫さんたち


おじいちゃんおばあちゃんと幸せに…


と願います(´-`)


1人の情熱で行政を動かすことが


できるんだなぁと感動しました❣️






🍀思い出にゃんのお話🍀も


ティガレオママが初めて自分で迎えに行き


家族に迎えた「ルネ」という猫さんでした。


そう、ハンドルネームで使っている


ルネルネの由来です(^^)



私が高校1年の時夕刊の里親募集の記事を見て


母と祖母を説得しルネさんの里親に…


夏の暑い日自転車で1時間かけて迎えに行き


可愛い真っ黒な女の子を家族に迎えました。


綺麗で優しくておっとりなルネさん🍀


今でもトムちゃんやルナちゃんを見ると


想い出します。


当時完全室内ではなく家と外を自由だった


ルネさんは2度子猫を産みました。


進学で実家を離れ、帰省時にたまに会う


ルネさんは変わらずのんびりなニャン生を


送っていました。


ある日 母から電話が入り、ルネさんが


交通事故で死んでしまった…と。゚(゚´Д`゚)゚。


小さな小さなルネさんを空き箱に入れ


自転車を懸命にこいで連れて帰ったあの日…


優しくて温和なルネさんのこと…


ふと思い出します。




今日もティガーとレオは


ママの笑顔を誘います(*´ω`*)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。